ヒトラーの忘れもの 邦題では伝わらない重さがある | 食う観る歩くたまに飛ぶ

観る

ヒトラーの忘れもの 邦題では伝わらない重さがある(軽いネタバレあり)

更新日:

こんにちは、marupeyです。

視聴した映画でこれは。。。!!という作品があったのでちょっと書きたいと思います(軽いネタバレ含みます)

 

C)2015 NORDISK FILM PRODUCTION A/S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF

 

こちらはドイツとデンマークの合作映画なのですが、どうでしょうこのポスターと邦題。

僕の場合は、なんか文字の色や写真のハイキーな感じを見て、「戦争物だけど戦後だし、少年兵も出てくる少し明るさのあるヒューマンドラマかな〜」と思いつつ金曜の夜に飯食いながら観ちゃったわけです。

この映画は、第二次大戦後のデンマークの海辺が舞台。連合軍の上陸作戦を防止する為に、ドイツ軍により大量に浜辺に埋められた地雷を、ドイツの少年兵達が監視役の厳しいデンマーク古参兵に監視されながら 、黙々と除去を進める。かなり厳しいデンマークの古参兵も少年兵達の純粋さに心を許し次第に距離が縮まっていくが。。。という内容。

そこら中に散らばってる地雷を、ちょこっと訓練したドイツの少年兵達が棒っきれと、素手で地雷を除去していくんだけど緊張が半端じゃない。飯くいながら観るもんじゃねぇなと後悔しましたよ笑

簡単な感想からいくと、観てるこっちも緊張しっぱなし!でも少年達と古参兵の触れ合いで和む。。。と思って気抜いたら死んじゃううううう!っていう引き込まれる映画でした。

ようやく戦争が終わり、本来なら希望に満ち溢れている純粋な少年達に、地雷除去をやらせるデンマーク古参兵の気持ちもかなり複雑だったでしょう。滅茶苦茶にしやがった憎きナチスドイツを祖国とする少年だけど、「兵士」だった彼らを憎んでしまう気持ちも当然だろうし、古参兵である自分とは違い、まだかなり若くこれからの未来がある彼らに危険な仕事をさせなきゃならない、国籍関係なく大人としての悲しさもあった。しかも目の前で少年が爆死する。考えただけで心がもたない。

戦後の日本でも地雷だけでなく、米軍や日本軍が海に投下した機雷の後処理で多くの人が亡くなりましたからね。というか不発弾処理は今でも続いているわけで。「はい、戦争おわり!」ってなっても後処理の方が大変なんですね。だって戦後74年も経って当時の人達の孫、ひ孫の代がまだ後処理してるんですから、本当恐ろしい。

にしても、本当にこの邦題とポスターが良くないと思いますよ。水色で「ヒトラーおじさんの忘れもの」ってそんな軽い内容じゃないじゃん、重みが全く足りないと思う。戦後こんなにも色んな人を傷つけてきたものを「忘れもの」って軽く表現なんかできないよ。原題のLand of mineそのままでよかったと思う。

この映画は本当にオススメです。ぜひご覧あれ。

ヒトラーの忘れもの観るなら無料お試し期間31日のU-NEXTがオススメですよ!

ヒトラーの忘れもの

U-NEXT

期間限定

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-観る

Copyright© 食う観る歩くたまに飛ぶ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.