中国映画「オペレーション:レッド・シー」が予想以上に。。。 | 食う観る歩くたまに飛ぶ

観る

中国映画「オペレーション:レッド・シー」が予想以上に。。。

更新日:

こんにちは、marupeyです。

今回は、ミリタリー好きな皆さんならyoutubeやtwitterで目にして気になっていたであろう

 

オペレーション:レッド・シー

 

U-NEXTで視聴したので軽く感想を書いて行きたいと思います。

U-NEXT

スポンサーリンク

中国の最新戦争映画。。。

感想は、

ストーリー云々はどうでもいい!とにかく迫力抜群で最後まで飽きなかった!!!(でもちょいグロ)

ぶっちゃけ最近のアメリカの戦争映画より見応えありますよ。
政治的駆け引きの話とか大して無く、ガンガン撃ちまくるので「ツマンネ」って思う暇がないです。
映画好きな人が観ると「中身がない」って斬られそうですけど、ただただ戦う兵士を応援したい人なら十分満足できるはず。
まぁ最後の最後で失笑するシーンがありますが、それはご愛嬌ってことで。

あらすじはこんな感じ

中東某国で内戦が勃発。取り残された人々を救助する任務を負った“蛟竜突撃隊”が自国民を救出していくが、ある女性がテロリストに連れ去られる。危険地帯に足を踏み入れた部隊は、150人とも200人ともいわれるテロリスト集団を8人で制圧しなければならず…。

この映画、2015年イエメン内戦時の自国民救出作戦を、香港のダンテ・ラムという監督が映画化したみたいです。アクション映画を専門に、脚本書いたりもする監督みたいですね。なんか最近はよくこういう作品を作ってるらしい。

豊富な武器が登場!オタクは十分楽しめる!?

航空機系ならあーだこーだ言えますが、登場した銃に関しては全く知識ないので解説できません。とりあえずSCARやAK-47、MP5?やG3の様なもの、ステアーAUGっぽいものも出てました。(間違ってたら全力ですみません) あとは、中国海軍の全面協力の元で製作されたということで、駆逐艦?や艦載ヘリ ドーファンがそこそこ登場します。と言ってもメインは中国海軍の特殊部隊8人なので、駆逐艦やら揚陸艦やらがガンガン活躍するわけではありません。ですがオタクでも十分楽しめる内容じゃないでしょうか!?

 

出演俳優陣とかも調べて見たんですが、中国作品での出演ばっかりで観た事ない人だらけ。。。登場人物だけでも紹介しよう!と思ったんだけど、U-NEXTはポイント購入した作品は2日しか視聴できないので、期限切れになってました。

 

この作品は中国海軍全面協力だけど、空軍全面協力の映画もあるんだよね笑

U-NEXT

 

期間限定

映画のお供にハマってます。。。

映画を見ながらゆっくりする時、皆さんは何を飲んだり食べたりしてますか?

僕は最近、レモンを買ってきてソーダに絞って飲むのに滅茶苦茶ハマってます。

お酒飲めないって事もあって、これまではコーヒーや紅茶飲んだりしながら映画を観ていたのですが
実家に帰った時に両親から自慢されて、なかなか良かったので、ソーダストリームなる機械を買いました!

簡単にソーダ作れるし、わざわざ買いに行かなくなったのでかなり楽です。

皆さんもぜひ!すっきりして美味しいですよ!

スポンサーリンク

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-観る

Copyright© 食う観る歩くたまに飛ぶ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.