うーん、タイ航空の777-300のビジネスクラスはちょっと。。。 | 食う観る歩くたまに飛ぶ

歩くたまに飛ぶ

うーん、タイ航空の777-300のビジネスクラスはちょっと。。。

更新日:

こんにちは、marupeyです。

前回は台北桃園からバンコクスワンナプームまで飛びました。

タイ航空のレア機材!?2機しかない787-9 ビジネスクラスに搭乗

今回はタイ航空777-300でバンコクスワンナプームからシンガポールチャンギ までビジネスクラスで飛びます。

高需要路線に投入される古めの機材

今回の777-300は6機中1番新しい機体でも機齢19年、古い機体は21年で結構な古さ。747に次ぐ量の座席を装備してシンガポールや北京、クアラルンプール、プーケット、ソウル仁川(台北桃園経由)、香港、ジャカルタ、チェンマイ、大阪関空、札幌、最近就航した仙台など高需要と思われるアジア路線で投入されている様です。

ちなみにタイ航空は777-300ERという機材も持っていてヨーロッパなど長距離国際線や合間にアジア線でも使用されており、こちらの場合は機齢7~8年と割と若めです。ビジネスクラスの座席もスタッガードタイプで割と新しめ(機材によって新旧違いがあるみたいです)。

上の画像を見て頂くと、スケジュールディパーチャータイムとアクチュアルタイムが全然違います、つまり1時間半ほど遅延ということ。搭乗は問題なく定刻通りスタートでしたが、出発前に激しい雷雨に見舞われた為スポットから動けず結果こうなりました。

 

タイ航空の777-300は正直ハズレ

数時間ほどタイ航空のラウンジで過ごし、いよいよ搭乗開始。座席指定の段階でビジネスクラスがほとんど埋まっているのは分かっていましたが、搭乗ゲートはエコノミー席含めてめちゃくちゃ人が多いです。

777-300のビジネスクラス座席はこちら。

2-3-2の座席配置。この座席いつから搭載されているのかわかりませんが、2,3世代前ぐらいのものでしょうか。足元はかなり広いものの、正直綺麗とは言えないくたびれ感。787-9のリバースヘリンボーンで快適に過ごした後でこれは差を感じ過ぎてしまします。

画面は大きめですが画質も良くはなく、映画を1本観ましたが少々観づらかったです。

あと座席右後側にコンセントがありますが故障してるのか使えず。携帯の電池が残り少ないのでなんとか充電したいのですが、パソコンも荷物入れに入れたカバンに入ってるし、横の大柄な男性は遅延でイライラしててなんかカバン取りづらいし。。。

シート面ではこれは嬉しくないビジネスクラス、つまりハズレ

機内食はタイ料理一択でしょ!

2時間ほどのフライトですが、機内食は3種類から選べます。台北-バンコク便で食べられなかったタイ料理を今回は問題なく提供してもらいました。

チキンカレーと青菜の炒め物、イカの和え物、ガーリックトースト、フルーツ、ケーキです。タイカレーって結構辛いイメージだったので少々身構えて食べましたが、思ってたよりも辛くなく結構美味しいです。メニューの写真を撮り忘れてしまい、何のケーキかわかりませんが、ココナッツが効いてるタイのケーキ?とチーズケーキだったかと思います。かなり甘め。

タイ航空乗るなら、せっかくなのでタイ料理をオーダーすることをオススメします!

 

タイ航空良いけど使用機材に注意

ずっとタイ航空って割と人気の航空会社ってイメージだったんですが、この日初めて2本搭乗してみて確かに良いなと思いました。

なかなか美味しい機内食を短時間のフライトでも選ぶことが出来るってのは嬉しいサービスですし、ビジネスクラスの各シートにお花が置いてあるのも気分を盛り立ててくれます。ただ、777-300だけはもう乗りたくないなぁというのが今回の正直な感想です。

タイ航空の財政状況がよくなり、古い機材の内装を一新させるか引退させて新機材を入れてくれる事に期待します。

U-NEXT

パイレーツオブカリビアン

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-歩くたまに飛ぶ

Copyright© 食う観る歩くたまに飛ぶ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.