ANA 香港-関西線 A320neoのビジネスクラス | 食う観る歩くたまに飛ぶ

歩くたまに飛ぶ

ANA 香港-関西線 A320neoのビジネスクラス

更新日:

こんにちは、marupeyです。

 

前回はユニエアー運航のエバー航空便で台北桃園空港から香港国際空港に飛びました。

あれ、思ってたよりも良いんですけど。台北桃園発、香港行 ユニー航空 A321のビジネスクラス

今回はANAのA320neoのビジネスクラスに搭乗して関西国際空港に戻ります!

関空発のANA国際線に乗るなら避けられない存在 A320neo

ANAの関空発着国際線は、現在767-300ERとA320neoが投入されているのは皆さんご存知の通り。基本的には上海や香港などに767-300ERで、北京、大連、青島、杭州にA320neoという分け方の様ですが、今回みたいにA320neoが767-300ERの代わりに飛ぶこともしばしば。

 

せっかくビジネス乗るのにA320neoとか小さいもんな〜と思って避けてましたが、関空からANAの国際線乗るなら避けられない存在になっています。かと言って2-1-2配置のクレードルシート搭載767-300ERもあまり気乗りしませんが。。。

 

詳細はこちら

ユナイテッド航空のラウンジで時間を潰し、いよいよ搭乗。

A320ceoにくらべるとneoのエンジン大きいですね。こんなに大きくても新しいエンジンなだけあって全然うるさくありませんでした。

ビジネスクラスは2-2配置、2列の計8席。いつも767-300ERが投入されるなら、8席しかないビジネスは満席だろうな〜と思いきや僕を含めて4人のみ。隣に人がくると気を使うのでこの座席配置は嫌ですが、いなくて2,3時間程度なら結構快適ですね!

 

前回乗ったユニエアーA321のビジネスクラスよりも新しいシートなので、より快適です。

 

ちょっと扱い難いなと思ったのがモニターです。座席調節パネル左にあるボタンを押して出すみたいですが、「え、重いし出ないし、どうすんの?」って感じで結構やりにくかったです。

 

モニターは大きくて観やすくgood.

ん〜〜ちょっと微妙。。。機内食

今回の機内食は、ネットで和食をプリオーダーしておきました。12月の機内食はこちら。カフェドパリソースってのがイメージつかない

まずはドリンクとあられ。

 

ペリエ頼んでレモン入れてくれるのホント嬉しい。あられは非常食としてお持ち帰り。

機内食はこちら

前菜、小鉢とおいしかったです。メインの生姜焼きは結構味濃いめでびっくり。お酒飲む人はいいかもしれないけど、ごはん少ない割に味が濃いめ、脂っこかったのでちょっとしんどかった。これは微妙。。。

 

デザートは超硬いハーゲンダッツ。映画みながら放置しておいて、柔らかくなってからいただきました。

まとめ

A320neoのビジネスクラス、結構快適でした。ANAなら787-9や777-300ERなど大型機の方がビジネスクラスを楽しめることに違いありませんが、A320だからといって避ける必要もないなという感想です。A321やA320、737などで日本に就航している他社のビジネスクラスと比べれば一番いいのではないでしょうか。

 

ただANAの濃ゆ〜い接客がどうしても苦手だなと改めて思いました笑

 

 

期間限定

 

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-歩くたまに飛ぶ

Copyright© 食う観る歩くたまに飛ぶ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.